このいす だれの?

このいす だれの? 森でキノコを見つけたうさぎくん。

このいす だれの? このいす だれの? リスのお母さんは、子ども達のベッドに。ふわふわして、気持ち良さそう。

このいす だれの? いたずらな、カエルくん達は…

このいす だれの? 3匹も乗っちゃて大丈夫?あぁ、「石づき」でバランスをとるのね。

このいす だれの?

最後はみんなで、キノコの傘をさして、お家へ帰ります。 このいす だれの?

秋の森のは、大好きです。イメージが膨らみます。

まだ小学校に上がる前のころ、日曜日の朝というと、父は近くの山へ散歩へ連れて行ってくれました。山といっても多摩丘陵です。でも、小さい子どもにとっては、すっかり山登りの気分。

父は歩きながらよく草の名前や鳥の名前を教えてくれました。何を話したのか、もうすっかり忘れてしまいましたが、 朝露で光る草、 木陰の涼しい風、 落ち葉の綺麗な色、 霜柱を踏む音、 朝日が斜めに差し込む山の入り口の情景は、 絵を描いている時に、ふわっと目の前に広がります。


  • 『このいす だれの?』チャイルドぷう(月間絵本お話ページ)
  • パステル / 色鉛筆 / 紙 / photoshop / バルサ(木)/ 生地
  • original / 世界文化社 / SMA(sony music artist) / ワンダーえほん / 11月号(絵本雑誌)