ねないんだにゃあ

『すこやかねんねの ふわふわえほん』/講談社

絵本ナビ

『ねないんだにゃあ』 ななもり ちさこさんのお話し

ねないんだにゃあ

はじめに、このポーズがすぐに頭に浮かびました。

少しお兄さんになると、まだ、寝ないで起きていられる!ってなんだか大人になった気分なのでしょうね…きっと。

子どもの頃は夜の9:00には、もう寝なくてはならなくて、襖越しのテレビの音と、隙間から漏れる光が、とてもキラキラして見えたことを今でも思い出すことがあります。

さて、さて…けんちゃん!

寝れないんだもーん♪…と威張ってみせて、出掛けてしまいます。

お供するのは、ネコのぬいぐるみのみゃー。

高い山に登って…

次は青く広い海…

ベッドの中で読んでもらうだけではなくて、実際に、お布団で…ためしてみたくなるよ。

ねないんだにゃあ

今回…パステルで、というご指定でしたが、他の画材でも描いてみたくなる、空想が膨らむステキなお話です。


  • 『すこやかねんねの ふわふわえほん』/ 講談社 『ねないんだにゃあ』
  • パステル / 色鉛筆 / 紙
  • 講談社 / 絵本